2017年05月31日

不妊改善法[ 第3回 ]妊娠を知ることの重要性

栃木県の不妊治療ブログに興味のある小山市のみなさん、こんばんわ。
東洋医学 ( はり ・ きゅう ・ 鍼灸 ) を勉強されているみなさん、こんばんわ。


【 病院では教えてくれない!東洋医学の不妊改善法 】 を
これからお話していきたいと思います。


前回までのお話は
動物と人間の妊娠期間に関する違いと

◇ 妊娠中の生活環境が赤ちゃんに大きく影響すること ◇ でしたね。 


患者さんから、こんな質問がありました。
「 なぜ、他の動物と比較する必要があるんですか?」


実にいい質問です。
なかなか、人間の妊娠を他種動物と比較する先生は少ないと思います。


妊娠をするためには、いろいろな条件が揃わなければなりません。
その条件は、各種動物によって異なります。


しかし、妊娠の根底にあるものを突き詰めていくと
全動物に共通する重要な条件はいったいなんでしょうか?


それは


◇  【 本能 】  ◇ 


これを語る、先生も少ないと思います。
この 【 本能 】 は、誰に教えられるものではありません。


本やインターネットに書いてあるのは、概念だけです。
( 本能に関する書籍はたくさんあります )

[ ウィキペディア出典  ] 
※ 本能とは、動物(人間を含む)が生まれつき持っている
   と想定されている、ある行動へと駆り立てる性質のことを指す。


本能は、目に見えるものでもなく数値化することもできません。
では、どうすればよいのか ・・・


自分で感じ取るしかありません。
= 自分で本能を発揮するしかありません =


次世代に命を残す生殖行動は、本能です。
= 義務や世間体ではありません! =


現在、あなたの妊娠活動は本能ですか?
= 本能を発揮できていますか =


考えてみてください、本能を共わない妊娠を ・・・


薬や注射でホルモンを補充をしたらOK?
採卵で良い卵が取れたからOK?


西洋医学的に検査結果が良くても妊娠にいたりません。
なぜでしょう?


= 東洋医学は、、本能を共う妊娠を考えます =


なぜなら、それがコアな部分だと思うからです。
いろいろな患者さんを見させていただきました。


西洋医学的に検査結果が良くても妊娠しない方。
逆に、検査結果が悪くても妊娠する方。


病院の先生は、「 奇跡だね 」 と言いました。
西洋医学の規格から外れると奇跡になるようです。


※ このブログでは、この薬がイイよとか
   絶対妊娠〇〇法のお話するつもりはありません。


いろいろなワードを交えて、問題提起させていただきます。
よって、話があれこれ飛んだり跳ねたり混ざります。


つまりは、
= ひとりひとりの読者に考えていただきたいのです =


自分で気づいて、得たものは必ず身になります。
( 一生気がつかない方もいらっしゃいますが )


再度、
= 本能を発揮できれば、妊娠します =


そして、
西洋医学の規格から外れた奇跡が起こります。




次回予告
◇ 不妊改善法 [ 第4回 ] 妊娠を知ることの重要性

つづく
posted by りゅうほう at 18:45| 不妊改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする