2017年06月07日

[ ニュース : 不妊治療で使われなかった受精卵の提供を受け、ES細胞を作る ]

厚生労働省専門委員会は本日、再生医療用の
胚性幹細胞(ES細胞)を作製する


京都大研究チームの計画を承認しました。
京大の末盛博文准教授らのチームは


京都市内の医療機関から不妊治療で使われなかった
受精卵の提供を受けて、ES細胞を作製するそうです。


10年間で20種類の作製を目標としました。
ES細胞は受精卵を壊して作るため


倫理面の問題があり、利用は基礎研究に限られていました。
国は、2014年に関連指針を改定して医療用の作製を許可しました。


年内にも、臨床応用を目指す国立成育医療研究センター(東京)などに配布。
ES細胞を用いて先天性代謝異常症を治療する研究を予定しています。


また、国立成育医療研究センターでも医療用ES細胞を作製する方針
( つまり、不妊治療で使われなかった受精卵を集め始めるということ )


で近く計画を申請するとしています。


= 不妊治療で使われなかった、受精卵の提供を受け =


この部分が、大変心配になります。
【 使われなかった受精卵 】 とはいったい何でしょうか。


非常に疑問が生じますし、嫌な感じです。


posted by りゅうほう at 20:22| 不妊治療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする