2017年06月24日

[ ニュース : 卵子若返りのミトコンドリア注入で妊娠出産 ]


卵子にミトコンドリアを注入する不妊治療法で4人が出産。


卵巣から、細胞中のミトコンドリアを採取して
体外受精の時、卵子に精子と共に注入をする。


米国企業を中心に開発された手法で
一部の間では、「 卵子の若返り 」 と呼ばれる手法。


国内での出産報告は初めて。
双子を含む5人が生まれて、いずれも健康という。


ただ、安全性が確認された方法ではなく
専門家からは疑問の声も上がっている。


27才〜46才の21名がこの治療を受けて
その内6人が妊娠。


27〜36歳の4人は、出産したが
30歳と44歳の2人は、流産をした。


治療費用は、約170万円だという。


専門家曰く、治療人数が少なく
妊娠がこの治療による効果なのか根拠が乏しい。


また、予期せぬ遺伝的影響が胎児に及ぶ恐れもあり
安全面や倫理面でも疑問が残ると話す。





posted by りゅうほう at 08:00| 不妊治療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする