2014年08月03日

よくある質問(Q&A)はり・きゅうについて[ 中級編 ]

ブログを書くようになって
いろいろな方面から、いろいろな質問が来るようになりました。

しかし、臨床の都合上
みなさんに、ていねいにお答えする時間がありません。

従って、よくある質問(Q&A)をまとめてみました。

お問い合わせの前に
こちらの記事を読んで、御理解下さいますよう宜しく御願い致します。


= ◇ よくある質問(Q&A) はり・きゅうについて [ 中級編 ] ◇ =

 
     <  鍼灸院で治療を受けたことがある方向け  >


 
[ Q 11 ] 他の鍼灸院と何が違いますか?


[ A 11 ]   すべて、違います。先生には、それぞれ流派があります。
西洋医学のようにマニュアルはありません。
よって、知識や経験はもちろんのこと使用する鍼やお灸の種類
技術に至るまで、すべてが当院だけの治療法です。



[ Q 12 ]  どんなふうに治療をするんですか?流れを教えて下さい。

[ A 12 ]   @ 問診票を書いてもらいます。A さらに詳しくお話を聞きます。
B 東洋医学(はり・きゅう)の説明をします。C 診察の説明をします。
D 診察をします。 E 治療をおこないます。
F 治療後の説明や養生指導をおこないます。



[ Q 13 ]  診察は、どんな診察をするんですか?

[ A 13 ]   東洋医学には、四診( 望・聞・問・切 ) というものがあります。
        詳しくは、こちらを 【 望 ・ 聞 ・ 問 ・ 切 の 妙技 】



[ Q 14 ] ツボを使って治療をするんですか?

[ A 14 ]  ツボ( 正確には経穴 )を使い、経絡を調整して臓腑の機能を整えます。



[ Q 15 ] 経穴( けいけつ )ってなんですか?

[ A 15 ]   病の反応点であり、治療点でもあります。
お米粒の半分くらいの大きさで、全身に約600個近くあります。
新薬と同じで、臨床研究により新しい経穴も発見されます。



[ Q 16 ]  経絡(けいらく)ってなんですか?

[ A 16 ]    経穴と経穴をつなぎ、気血を運んで
臓腑を栄養して循環する、生命を維持する重要な流れです。



[ Q 17 ] 臓腑(ぞうふ)ってなんですか?

[ A 17 ]  五臓六腑といい、西洋医学の内臓とは違います。
五臓( 肝・心・脾・肺・腎 )と 六腑( 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦 )
それぞれに生命を維持するための重要な働きがあります。



[ Q 18 ] 気血(きけつ)ってなんですか?

[ A 18 ]  気血は、人体を構成し生命を維持する基本物質です。



[ Q 19 ]  気(き)の働きについて教えて下さい?

[ A 19 ]   気の働きには、@ 推動作用 A 温煦作用 B 気化作用
                                  C 防御作用 D 固摂作用があります。


[ Q 20 ] 血(けつ)の働きについて教えて下さい?

[ A 20 ]  血は、物質的基礎として営気を含む栄養物質。
               臓腑経絡を巡り、全身を栄養している。


 

次回

よくある質問(Q&A)はり・きゅうについて[ 上級編 ]
< 10回以上鍼灸院で治療を受けたことがある方向け >

つづく



posted by りゅうほう at 16:55| よくある質問(Q&A)はりきゅうについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする