2018年11月12日

不妊治療病院の医師からお呼び出し

先月、患者さん経由で東京にある不妊治療専門病院の
医師から問い合わせがありました。


妊娠確定後に病院を卒業する際
面談で「どんな妊活をしていましたか?」と聞かれたそうです。


その時に、当院の名前を出してあれこれと話をしたとのことで・・・。


結果、医師が鍼灸治療( 当院の治療法? )に興味を持ち


よろしければ、東洋医学で行う不妊治療の話を
聞かせてもらえないかということでした。


数日後、その医師から丁寧な依頼の電話があり
話しぶりから誠実そうな先生だったので了承しました。


できれば実技も見せてくださいと言う話になって


じゃあ、病院へ伺い実際に患者さんを治療しましょう
ということになりました・・・。



そして昨日、東京まで行ってきました。



西洋医学の問題点と今後の課題なども伺い
意見交換をして有意義な時間でした。


ついでに、培養施設なども見学させていただきました。


産婦人科の医師は、漢方薬を使う先生が多いため
比較的鍼灸治療に対して友好的です。


将来的に、鍼灸治療で妊娠しやすいカラダをつくり
卵子の質と精子の質をグレードアップしてから


体外受精(顕微授精)を行うという治療法が
スタンダードになれば


もっと多くの夫婦が
赤ちゃんを授かることができます。


当院では、日々実践して結果を出しています。


気づいてくれた良い医師に
当院の話をしてくれた患者さんに感謝です。





posted by りゅうほう at 17:50| 不妊治療病院の医師からお呼び出し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする